Sustainability

環境への取り組み

WOOCのSDGs

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月の国連のサミットで採択された、
持続可能な開発を実現するために達成すべき2016年から2030年までの世界共通の目標で、
さまざまな社会課題解決に向けて、17の目標(ゴール)と、
それをより具体化した169の項目(ターゲット)が挙げられています。
「誰ひとり取り残さない」という理念のもと、先進国も発展途上国も、
そして企業や個人にも共通する、全人類の共通目標です。
わたしたちWOOCは、事業の中心となる「空室再生」をベースに、
これらの社会課題解決に積極的に取り組みます。

「空室再生」による環境負荷の軽減

当社は「空室にVALUE & DESIGNを!」を企業理念に「空室再生」事業を行っています。
「古くなったものを壊して新しく建て替える」というスクラップ&ビルド型の工事ではなく、
「今あるもの」を大切にし、さらに「VALUE(価値)」を生み出すことを使命としています。
そして「今あるもの」を活用することで、立て替え工事で生じる産業廃棄物、CO2排出量の削減に貢献します。

< 貢献する目標 >

建て替え工事

大量の産業廃棄物やCO2排出量

再生工事

産業廃棄物やCO2排出量を削減

「空室再生」の具体的な事例

CASE1

BIZcomfort横浜元町

パーティー会場の空きテナントをシェアオフィスに再生。既存のバーカウンターや螺旋階段、
シャンデリアなどを活かし、「客船」をテーマにバリューアップしました。

BEFORE

AFTER

バーカウンターを活かしたワークスペース

螺旋階段、シャンデリアをそのまま活用

CASE2

BIZcomfort神楽坂天神

元々戸建て住宅だったものを、外観はそのままにシェアオフィスとして再生しました。

BEFORE

AFTER

外壁の塗装を変更

元居室をワークスペースに

CASE3

BIZcomfort葛飾青砥

居酒屋として利用されていたスペースを、人々が集いやすい雰囲気を残しつつ
シェアオフィスとして再生しました。

BEFORE

AFTER

腰壁部分をそのまま活用

居酒屋のなごりが残るデザインに

シェアオフィス運営による
働き方改革への貢献

わたしたちは「『はたらく』をもっと自由に快適に!」をコンセプトにシェアオフィスのBIZcomfortを運営。
都心やターミナルだけではなく、最近では住宅地や郊外にも多くの拠点を展開しています。
オフィスや自宅以外、どこでも働ける環境を提供することで、
労働生産性の向上や多様な働き方をサポートし、持続的な「働きがい」や「経済成長」に貢献します。
また、BIZcomfortのほとんどの拠点が「空室再生」によるものです。

< 貢献する目標 >

働き方改革を推進しない場合

はたらきがいの低下・優秀な人材の流出

働き方改革を推進した場合

はたらきがいの上昇・優秀な人材の確保

働き方改革により期待できる効果

移動時間の削減による労働生産性の向上

移動時間の削減による
労働生産性の向上

多様な働き方による離職防止や人材確保

多様な働き方による
離職防止や人材確保

職住近接による女性の社会復帰や男性の育児参加

職住近接による女性の社会復帰や
男性の育児参加

ワークライフバランスの向上

ワークライフ
バランスの向上

多種多様な働き方による従業員満足度の向上

多種多様な働き方による
従業員満足度の向上

手軽に起業できる環境でスタートアップ人数の増加

手軽に起業できる環境で
スタートアップ人数の増加

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

03-5789-3323

年末年始以外、休まず営業中 9:00~18:00

お問い合わせはこちらから


解約はこちらから

Copyright © wooc All Rights Reserved.