社員インタビューと1日の仕事

それぞれのはたらき方と、1日のスケジュールをご紹介します。

Interview

03

やりたくなかった「営業職」にあえて挑戦。入社後3年、認識が変わりました

石下 智教 

住宅リーシングチーム 2015年入社

Q. WOOCに入社を決めた理由、これまでのキャリアを教えてください。

大学卒業後、建築会社で現場監督を1年やっていました。もともと不動産(実家が不動産業なので)または広告の会社に就職したいという思いがあり、現場監督の仕事を1年経験し、不動産の仕事をしてみたいという思いが残っていたので転職を決意しました。元々は「営業」にあまりいいイメージを持っていなかったので、絶対にやりたくないと思っていたのですが、自分に足りない営業力を克服するため、あえて営業の仕事をやってみようと思い、現在の仕事についています。WOOCを選んだ理由は自宅から自転車で通えるところがよかったからです。


 

Q. 現在の仕事内容を具体的に教えてください。

住宅の客付け(入居促進)、広告物の作成、図面と広告用の写真と不動産業者専用(流通サイト)の掲載・資料作成などをしています。

Q. 営業の仕事で一番大変だったこと、嬉しかったことをそれぞれ教えて下さい。

一番大変だったことは、マンション一棟40戸を一気に受託した後の客付けをしたときです(会社から表彰されました)。相場より高い賃料での受託だったので、賃料を下げることができなかったことと、同時期に近隣で同様の新築が3棟建ち、競合が多かったので、客付けにとても悩みました。客付けの手段として、賃料を下げることができなくても、広告物の見せ方や、家賃以外の条件を他社とは違うようにして、自社の物件にしかない優位性をアピールすることで成約に繋がることを学びました。

Q. 苦手意識があった営業を3年経験して、何が変わりましたか?

入社から3年経ち、「営業」の認識が変わりました。飛び込みをして相手先から断られる、というのが「営業」一般的な仕事のスタイルと思っていましたが、新規営業に行くつなぎ方というのも様々で、何か突破口さえ見つければ、相手先と話をつないで信頼関係を作り上げることができるとわかりました。

Q. 知識や営業力はどうやって身につけていますか?

営業力強化のために努力していることは特にないですが、とにかく失敗を恐れない。まっさらな状態でやって、違ったら教えてください、という姿勢で取り組んでいます。自分の感覚を信じて、間違っていたら修正して、良い点はそのまま維持するという意識でやっています。失敗することもありますが、日々トライ&エラーを繰り返して成長していきたいです。

Q. 休日の過ごし方を教えて下さい。

野球観戦(横浜出身のため、好きな球団は横浜DeNA)です!負けるとストレスになることがあるけど(笑)

Q.会社にもっとこうして欲しいという要望があればぜひ。

空気清浄機を入れてほしい(できれば2、3台)。

Q. WOOCの魅力はどんなところですか?

自由!勤務形態はシフト制で自分の予定に合わせ休日を取ることが出来ます。また、職場でも上司の方が意見を押し付けることなく、若い社員の意見を尊重してくれます。定期的に社内メンバー間で食事会もあるので、コミュニケーションを取る機会は多いと思います。

インタビュー後記

WOOCでは数少ない20代若手営業マンの石下さん。入社前は「営業」の仕事が嫌いでしたが、WOOCで経験を積み「営業」に対する考え方も変わられたそうで、苦手意識も克服されたとのこと。同じように、営業にチャレンジしたいけど、抵抗があり一歩が踏み出せない方、是非WOOCで一緒に働いて、その悩みを解決しませんか?

1日のスケジュール
9:00

出社

WEB(不動産流通サイト)閲覧数の集計。集計結果をもとに賃貸条件の変更。

12:00

移動・お昼

物件に向かう途中で昼食休憩。

13:00

物件写真撮影

広告が不足している写真を撮影、
帰社後、WEBにアップ。

17:00

申込のチェック

賃貸の申込状況の進捗確認を行い、賃料発生日など仲介業者と契約条件を確認。

18:30

退社

 

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。

03-5789-3323

年末年始以外、休まず営業中 9:00~18:00

お問い合わせはこちらから


解約はこちらから

Copyright © wooc All Rights Reserved.